精肉部 ステーキ・洋食レストラン 御座敷(すき焼き・しゃぶしゃぶ) 通信販売 アクセス 食肉の知識

食肉一筋 古安 - 食肉の知識 -

食肉Q&A

三元豚はどのような豚ですか?普通の豚と何が違うのですか?
三元豚とは3種類の品種を掛け合わせた交配種の豚をいいます。
特別な豚ではなく、日本で売られている豚肉の大半が三元豚(三元交配種)です。
世界には数百種の豚がいると言われていますが、日本で販売されている豚(純粋種)は、
(1)  大ヨークシャー種
(2)  中ヨークシャー種
(3)  ランドレース種
(4)  デュロック種
(5)  バークシャー種
(6)  ハンプシャー種
の6つになります。

日本で販売されている豚の75%が、 ランドレース種(L)と大ヨークシャー種(W)を掛け合わせた豚(LW)を母豚と デュロック種(D)を雄豚を掛け合わせた三元豚(LWD)です。

三元交配することにより、
・ 肉量の多いランドレース種
・ 繁殖性の優れた大ヨークシャー種
・ 肉質の優れたデュロック種
の長所を受け継ぎ、雑種特有の強健性をあわせもつ品種にすることができます。